すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

冬支度は済みましたか?冬支度の意味と俳句、季語や適切な暖房の温度設定などをご紹介

ついこの間までは残暑が厳しかったかと思いますが、いつの間にやら、あっという間に寒い冬が到来しそうな勢いです。

日本の魅力といえば四季折々の季節性にあるのですが、今年の秋はあっという間に過ぎ去って、間もなく冬がやって来そうな雰囲気ですね。そして冬といえば忘れてはならないのが冬支度です。みなさんのご家庭では衣替えは済みましたか?冬支度はどの程度ぐらい進んでいるのでしょうか。

本稿ではそんなみなさんが気になる冬支度にまつわる様々なことや暖房の適切な温度設定などを、簡単にわかりやすくご説明したいと思います。ちなみに暖房の温度設定といっても、赤ちゃんがいるご家庭の温度設定と一般のご家庭では温度設定が異なりますし、住んでいる地域によっても勿論、様々な温度の設定方法があるかと思います。また、車の中での温度設定やエアコンの性能による違いなど、要所要所で様々な違いがありますので、本稿のコンテンツ内容がもし当てはまらない、といった場合でもあらかじめご了承くださいませ。

ではまず冬支度からです。
冬支度とは、みなさん御存知の通り、冬を迎える準備をすることです。衣類や暖房器具などを、しまいこんでいた状態からすぐに使えるようにダシて準備することを冬支度と予備ます。ちなみに冬支度は英語では「Winter preparation」と書きまして、冬支度をする、という日本語を英語に訳しますと、「I’m getting ready for winter.」となります。

また、冬支度の季語には熊穴に入る、銀杏落葉、べつたら市、初氷、神渡し、神無月、など、様々な季語があります。ちなみに冬支度をリビングで行う形で最も多いのは、やはり何と言ってもこたつなのではないでしょうか。我が家の冬支度はリビングのこたつから!というご家庭もきっと多いと思います。

お住いの地域によっても様々ですが、リビングの冬支度にストーブはまだまだ早いという状態ですので、ホットカーペットやこたつが現状ではベストなのではないでしょうか。それに毎年10月になったらリビングの冬支度として、ホットカーペットを敷いたりコタツを押入れから出して来たりというご家庭が今年も多いのだと思います。

みなさんも、10月に入って今年の冬支度は何から手を付けようかとお悩みの方は、まずはリビングの冬支度としてカーペットの交換とこたつ布団を出してきてはどうでしょうか。

尚、冬支度の俳句としましては、「冬支度ときをり鯉田眩しみて」や「冬支度杣家に吊すものあまた」、「冬支度旅の用意も怠らず」などがあるようです。

エアコンの設定温度で最適なのは?

これはあまりご存知ないことかもしれませんが、エアコンの設定温度を1℃低くすると、約10%の消費電力の削減になるといわれています。ですので、冬場のエアコンの暖房で、電気代が高いとお嘆きの方は、エアコンの設定温度を少し意識して工夫してみてはいかがでしょうか。ちなみに環境省が推奨している暖房の設定温度は20℃だそうですので、暖房時の設定温度は20℃を目安に温度調節をされれば、昨年と比べましてもかなり電気代の節約が出来るのではないでしょうか。

尚、赤ちゃんは生後8か月頃までは自分で体温調節ができませんので、部屋を暖めすぎてしまうことで体調にトラブルが起きてしまうのだそうです。

それに以外かもしれませんが、赤ちゃんに適した冬場の室温・湿度は18℃~23℃であり、湿度も40~60%くらいが赤ちゃんにとって過ごしやすい環境なのだそうです。

大人が寒いからといって室温を23℃以上にあげてしまいますと、あせもや熱中症、脱水症状のリスクが高くなる場合もありますし、【乳児突然死症候群の原因になる】ともいわれていますので、部屋の温めすぎには特に注意が必要です。

ですので上述の【環境省が推奨している暖房の設定温度 20℃】を参考にしつつ、快適な温度で過ごせる冬支度をされますようおすすめいたします。



オイルヒーターと火事の危険性について

寒くなってくると暖房がどうしても必要になってきますが、数ある暖房器具の中でもオイルヒーターはコスト的にも良いですし、電気代のことを考えても、その温かさとコストや安全性を考慮しますと、なかなかに優秀な暖房器具だと思います。

この冬にオイルヒーターを購入したり、導入を検討している方は、まずはオイルヒーターが安全なのかどうか?ということと、オイルヒーターは確かに暖かいのですが、それでも熱源には変わりませんので、火事・火災の危険性があるのかどうか、そして安全に使用するにはどのような点に注意すればいいのかが気になりますよね。

まず結論からいいますと、オイルヒーターは、常識の範囲内で普通に使っているならば、まず家事になることは考えにくいです。とはいえ、稀にですがオイルヒーターを使っていて火災が起きているのもまた事実。

そこでオイルヒーターについて、少し勉強してみましょう。

まず、オイルヒーターですが、火を使わないので、火事や火災の危険性は他の暖房機器よりかは低いです。そしてもちろん安全装置も付いています。石油ストーブやガスストーブなどは、うっかり消し忘れてしまったら火災の危険性がありますが、オイルヒーターの場合はその点はまだマシです。

ただ、オイルヒーターは電気代もかさむように、かなりの電力をコンセントから供給しますから、熱を持ちやすくなったコンセントや電源ケーブル自体が発火したり火事の原因にならないよう、延長コードは利用しない、タコ足配線はやらない。コンセントは束ねて使わない。コンセントを抜くときは、線の部分を引っ張って抜いたりせず、しっかりと根本の部分を持ってから引き抜くようにするなどの注意をしながら使用しましょう。

デロンギのオイルヒーターの 使い方

電気代が高いことで知られているデロングのオイルヒーターですが、その使い方というのが今ひとつわからないという方も少なからずおられるでしょうから、これから初めて使う方のために情報を出しておきますが、

ダウンロード【取扱説明書】
http://www.delonghi.co.jp/manual/download/id/244

使い方を詳しくお知りになりたいのでしたら、上記のリンクからダウンロードしてください。

デロンギ社製のオイル密閉式ラジエター型ヒーターが、いわゆるデロンギヒーターと呼ばれるものですが、こうしたオイルヒーターというものは、まずはスイッチをオンにしても、部屋全体はすぐには暖かくならないのが特性ですから、まずはその点を理解した上で使ってみましょう。

使い方ですが、年式問わずでだいたいは同じだと思うのですが、真ん中のスイッチがON/OFF切り替えスイッチだと思います。そしてそれを下に押すと、ランプが付いたりしますが、これは消費電力・ワット数の切り替えスイッチです。部屋の寒さに応じて使い分けましょう。

ちなみにこうしたオイルヒーターを、石油ファンヒーターのコロナ e4などと比較されますが、よく勘違いされているのが、すぐに暖かくならないということです。それはオイルヒーターの構造上の特性でして、中のオイルが十分に温まってから放熱するような仕組みですので、使い始めて暖かくならないという方は、取扱説明書をダウンロードしてご覧になられるとともに、暫くは待ってみてはいかがでしょうか。