すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

溶連菌感染症とは(A群溶血性レンサ球菌)? 溶連菌の大人(おとな)・子どもの症状や潜伏期間と対策

幼齢菌は間違いで正しくは溶連菌

正式には「A群溶血性レンサ球菌(A群β溶血性レンサ球菌)」と呼ばれる細菌です。

溶連菌とは?

溶連菌感染症とは(A群溶血性レンサ球菌)という細菌に感染して起こる病気の総称で、咽頭炎、扁桃炎、しょう紅熱などを引き起こします。
紅い発疹を伴うしょう紅熱は、昔は死亡率の高さから怖い病気として恐れられており、患者が隔離されていた伝染病でした。

しかし現在では抗生物質で治療すれば自宅でもケアできる病気となっています。
どの年齢でも発症しますが、5~15歳が通う保育園・幼稚園・学校など集団生活の場での感染が多く、これから冬に発症のピークを迎えます。

溶連菌は大人(おとな)も注意が必要

子供に多い病気ではありますが、決して子供特有の病気ではなく大人(おとな)にも移ります。

私の周りでも、1人の子が溶連菌で休んだと思ったら、兄弟、両親、祖父母まで全員に感染した家がありました。
予防接種(ワクチン)はなく、手洗い、うがい、マスク、コップやタオルを共有しないといった一般的な感染症予防法が基本です。家庭の中で感染を避けるのはなかなか難しく、特に兄弟間の感染率は25%とされる。

溶連菌の保菌者とは

風邪ひいて喉の検査をすると毎回溶連菌が陽性になる方がおり、本当に溶連菌が原因で、熱が出たり、その他の喉の症状を引き起こしている場合もありますが、実は、それらの症状が溶連菌が原因ではない場合もあります。

溶連菌の保菌者(菌を喉に持っているが発症しない)が5~10%存在しており、身体に悪さはしないけれど、喉に溶連菌が住み着いているという方がいるのです。
しかし短期間に溶連菌感染を繰り返す人は(ウイルス感染+保菌)あるいは、次々と違う型の溶連菌にかかっていると考えることができます。


溶連菌と出席停止について

溶連菌感染症 
主な潜伏期間、2-5日
主な感染経路 飛沫感染
登校(園)基準 適切な抗菌薬による治療開始後24時間以降で、全身状態が良好な場合であれば登校(園)可能
ただし、発しんが出ている場合などは、消えるまで安静にしているのが望ましいです。

スポンサードリンク



溶連菌と子供について

病院で溶連菌感染症と診断されると抗生物質を処方されます。大事なのは、処方された薬を最後まで指示通りに服用することです。
飲み始めて3~4日で症状は軽くなりますが、そこで勝手に飲み方を変えたり、子供が嫌がるからなどの理由で飲ませるのをやめたりしないようにして下さい。

溶連菌感染症は合併症が怖いのがひとつの理由です。
急性腎炎、リウマチ熱、血管性紫斑病などを起こす場合があり、そうなると治療が長引いてしまいます。喉の痛みから食欲が落ちるので、水分補給と食べやすい食事を工夫してあげることも大切です。


溶連菌と潜伏期間

潜伏期間は2~5日間です。
ちなみにこの潜伏期間中に周りに感染するかというと、明確にはわかっていませんが、潜伏期間中に感染する可能性も当然あります。
しかしながら潜伏期間中は症状もほとんどでないので防ぐのは難しいです。


溶連菌と症状とおとな・子どもの違いについて

主な症状としては、急な発熱、喉の痛みです。しかし、3歳未満ではあまり熱があがらないといわれてます。

嘔吐、発疹(ほっしん)が出て舌が赤くブツブツ(イチゴ舌)が発生し、かゆみを伴う赤く細かい発しんが体や手足に現れたりすることもあり、熱が下がって約1週間経過してから手足の皮膚がふやけたようにむけることがあります。
また、アトピー性皮膚炎のお子さんなどは病変部に溶連菌が入り込むことで重症化することがありますので、注意が必要です。

家庭での対策

水分補給を十分に行うこと、有効な抗生物質を処方された通り最後まできちんと飲むことが大切です。のどに強い痛みがあることが多いため、のどごしがよく、消化のよい食べ物にし、食べるのがつらいようなら、水分だけでもしっかり摂れるよう心がけてください。

熱が下がっている場合は長湯でなければ、お風呂(シャワー)に入っても大丈夫です。ただし、発疹が出ている場合は、温めるとかゆみが強くなりやすいので温めすぎないようにすること、爪を短めに切って肌を掻きすぎてしまわないようにしましょう。

溶連菌の感染経路

溶連菌感染症にかかった人のせきやくしゃみ、つばなどのしぶきによって感染します(飛まつ感染)。あるいは排出された細菌が手などを介し、口に入ることによって感染することもあります(経口感染)。

感染力は病気のなり始めである急性期に最も強く、急性期の兄弟間での感染率は25%と報告されてます。
子どもから子どもへだけではなく、子どもから抵抗力の低下した大人や妊婦にも感染することがあるので、注意が必要です。

溶連菌予防

予防接種(ワクチン)はありません。他の感染症と同じく、手洗い・うがいを徹底し、飛まつ感染を予防するためには、マスクも有効です。
もし溶連菌感染症にかかってしまった家族がいる場合は、同じコップや食器、タオルの共有は避けましょう。

スポンサードリンク



溶連菌の風邪

風邪症状に似た「溶連菌感染症」ですが、咳や鼻水が出ないというのもこの病気の特徴です。
水ぼうそうやおたふく風邪と同様、子供がよくかかる病気の一つで、何度もなる人もいる。例年、患者が増加するのは、冬、そして春から初夏にかけておおくみられます。

溶連菌感染症の出席停止と学校保健安全法について

学校保健安全法では第三種(条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患)に位置づけられており、医療機関の受診日とその翌日は登校・登園できません。
有効な抗生物質を内服後24時間経つと、感染力はほとんどなくなり、このころになると解熱することも多く、全身状態が良好となれば登校、通園が可能となります。

発しんが出ている場合などは、消えるまで安静にしているのが望ましいです。


溶連菌感染症と抗生剤、5日間について

ペニシリン系(サワシリン、パセトシン)
溶連菌感染症に対して、大人(おとな)・子供(こども)問わず、最もよく処方されている抗生物質です。ペニシリンは、7日から2週間程度飲み続ける必要がありますが、お子さんでも比較的無理なく飲めるお薬です。

セフェム系(フロモックス、メイアクト、トミロン、セフゾン)

溶連菌感染症の治療で次に使われることが多いのが、セフェム系の抗生物質です。ペニシリン系よりも多くの種類の菌を退治できることが多いです。服用する日数が5日間と短いのですがペニシリンと同等の効果が期待できます。溶連菌は薬への耐性がほとんどないので、ほとんどの場合はペニシリン系で十分といえます。

マクロライド系(クラリス、クラリシッド、エリスロシン、アジスロマイシン)

ペニシリン系は、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質に対してアレルギーを持っている方に処方されることがます。
クラリス、クラリシッド、エリスロシンは10日間服用。
アジスロマイシンは3日間服用。


3月や4月、春などの新入学の季節に特に感染が拡がる傾向にある

溶連菌とは正式名称が溶連菌感染症といい、広義的にはグラム陽性球菌やレンサ球菌属によってひきおこされる感染症の全てのことを言います。

溶連菌感染症は、幼児などに多く発症する感染症で、流行性があるため3月や4月、春などの新入学の季節に特に感染が拡がる傾向にあるため、注意が必要です。

溶連菌感染症にかかると発熱や喉の痛みと行った、風邪に似た症状が最初にでるため、風邪だと思って内科を受診する人が多いようです。

小学校など、子どもたちの集団生活の場で流行がしやすい溶連菌感染症。

溶連菌の感染力と感染経路には要注意し、決して甘く見ないことが大事です。

ちなみに溶連菌の感染症は、感染すると完治するまでには2・3週間はかかると言われています。

また、溶連菌感染症は子供だけじゃなく、大人にも感染しますので、溶連菌に繰り返して感染してしまわないよう、感染の仕方や感染経路をしっかりと理解して把握しておくことが大事です。

溶連菌の潜伏期間とは

溶連菌の潜伏期間は2~5日です。疑わしい症状があるならば甘く見ないで、早めに受診しましょう。

溶連菌の症状とは

大人の間でも普通にうつる病気です。
風邪の症状と似ていることから自然治癒で治るだろう、 問題ないだろうと放っておかず、発熱や喉の変化、イチゴ舌や前身の発疹が出たら病院で診察をしてもらいましょう。

溶連菌の感染症について

咽頭炎や扁桃腺炎を一般的には、溶連菌の感染症と呼ぶようです。

溶連菌と抗生剤について

溶連菌の治療には基本的には
抗生物質の服用が基本になります。

よくインターネットなどで溶連菌の感染症や発疹画像などが掲載されていますが、溶連菌は大人でも気をつけて置かなければなりません。

溶連菌と咳の関係にも注意し、喉の異常や舌の異常があればすぐに病院にかかりましょう。

溶連菌は感染力が強いのでうつるのと同時に、症状が長引くと厄介です。

幼稚園や保育園、小中学校で出席停止などもよくニュースになっていますので注意しましょう。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">