すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アスペルガーとは・アスペルガー障害の症状や大人のアスペルガー症候群の特徴など徹底解説

アスペルガーという言葉を聞いたことはおありでしょうか。

アスペルガーとは正式名称はアスペルガー症候群と呼ばれ、最近になってから理解され始めた比較的新しい発達障害と言えるでしょう。

アスペルガー症候群は言語障害や知的障害が見られませんので、周囲の人間からは単なる変わった人と思われてしまいがちです。

ちなみにアスペルガー症候群は最近になってやっと理解され始めた症状のため、まだまだ広く認知されているわけではありません。名前だけしか知らない。という人も多いのではないでしょうか。

約4000人に1人の割合で発症すると言われているアスペルガー。
本稿ではアスペルガー症候群について、わかりやすく簡潔にご説明致します。

アスペルガー症候群の特徴としては、相手の表情や環境の変化に気づきにくいため、言われたことをそのままの意味で受け取ってしまったり、ストレートすぎる発言をしてしまいがちです。

また、対人関係としては大勢の中で浮いてしまったり、思ったままの発言をしてしまうので相手を傷つけてしまうことがあります。

しかしその反面、記憶力が高く、興味のある物事には最大限の情報を記憶したり、その記憶を引き出すことが出来ます。
また、集中力があるため興味のある物事に関しては、熱中しすぎて周りのことが目に入らないぐらいに集中することが出来ます。
興味のある物事に対しても、話し出すと夢中になりすぎて止まらなくなったりもします。



アスペルガー症候群と有名人の公表とは?

日本の有名人で自分がアスペルガー症候群であることを公表した方もいらっしゃるようです。
最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候群、その他の発達障害など、
これらは知的障害を伴わない学習障害・精神障害の一つと言われています。

アスペルガーの特徴

アスペルガー症候群(AS)は、昔はほとんど認知されていませんでした。
比較的最近になってから、理解され始めた発達障害といえます。
特徴としましては、他の人とコミュニケーションをとることが苦手な部分があるということです。

アスペルガー症候群について

広汎性発達障害、すなわち
社会性に関連する領域にみられる発達障害の総称です。小児自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害、その他が含まれます。

アスペルガー診断とは

正確な診断を受けるには発達障害専門の医師に 診察してもらう必要があります。

アスペルガーと大人について

子供の頃よりもむしろ、大人になってからアスペルガー症候群 ということが分かった、という方が圧倒的に多いようです。

アスペルガー症候群の診断テストについて

無料で出来るアスペルガー症候群のチェックなどが、現在インターネットのサイトでたくさんあるようです。


2018年3月20日(火)に追記・アスペルガー症候群の特徴などを徹底解説!


アスペルガーのイメージ画像

アスペルガー症候群・アスペルガーと発達障害違い・アスペルガーとは・特徴やアスペルガーと発達障害について


アスペルガー症候群の名前の由来は1944年に小児科医のハンス・アスペルガーが【子どもの自閉性精神病質】という論文を発表したことにちなんで付けられた診断名です。

アスペルガー症候群(AS)とは、発達障害の1つで知的障害を伴わない自閉症(高機能自閉症)のことです。

言葉やジェスチャーを用いてコミュニケーションに支障をきたしたり、相手の気持ちを察すること(空気を読むこと)が難しい病気で、限定された物事へのこだわりが強かったり、一部運動機能の障害がみられることもあります。

これらのことにより、悪意はないが思ったことを正直に発してしまい言葉で相手を傷つけてしまうなどが原因で嫌われてしまう場合もありますが成長とともに症状が薄れることも多いといわれています。

最近になって少しずつ認知されるようになったアスペルガー症候群ですが、決して珍しいものではなく、約4000人に1人の割合で発症するといわれており、本人の自覚や家族が気付いていない場合も含めるとその数字はもっと多いと考えられます。

スポンサードリンク




アスペルガー症候群の特徴や男性 子供 女性・見た目や見分け方、アスペルガー症候群の特徴的な歩き方と男性の言葉テストなど


アスペルガー症候群の特徴をいくつか紹介します。

あいまいな指示や表現を理解できない
優先順位をつけれない
好きなことはとことん突き詰める
自分が興味のないことには無関心
気を利かせることが出来ない(空気を読むことが出来ない)
相手との距離感が分からない
冗談や社交辞令などを文字通り受け取る
整理整頓ができない
臨機応変に対応できない

他にも細かい症状がいくつもありますが、主な症状は社会的に柔軟に振る舞うことが難しい、コミュニケーション能力が乏しい、特定の物事に対するこだわり・興味です。


アスペルガー症候群の大人(男性・女性)が仕事をするにあたり困ることとは?


指示がなければ動けない
指示されたことに対して仕事はできるのですが、気配りなどが苦手なので仕事場で他の人が忙しく作業していても手伝わないなど周りの状況を判断し行動することが出来ません。

身の回りの物を整理整頓できない
物に対し好みが強いため物を捨てることをとても嫌がり整理整頓が苦手です。他の人から見れば散らかっているように見えても本人にとっては整理されている状態でどこに何があるか分かっている場合が多いです。

なかなか人の顔を覚えられない
アスペルガー症候群の方は、短期記憶機能が弱いので人の顔や名前を覚えることが苦手です。
他人への関心が低く、仕事で何回も会っている人に対して「初めまして」と挨拶してしまうなど、その後の仕事に支障をきたす恐れがあります。

交渉(駆け引き)が苦手
通常ですと相手の意見を聞きながら自分も意見を述べつつ交渉していくのですが、アスペルガー症候群の方は、ほとんど相手の意見を聞かず自分の意見を主張し、相手が配慮して遠回しな言い方をしても言葉を文字通り受け取ってしまうため本当の意味が分かりません。

臨機応変に行動するのが難しい
規則性を好む傾向があるため、例えば1日に3件のアポイントがあり、1件目終了時に2件目のアポイントが相手の都合で違う日変更したいと連絡があった場合、通常ならその空き時間に違う仕事をしたり、3件目のアポイントの方と交渉して時間を早めてもらうなど調整するのですが、アスペルガー症候群の方はどうしていいか分からず混乱し、何もしないまま時間を過ごしてしまうことが多いです。

相手との距離感をつかむのが苦手
相手の地位等に応じて態度や言葉遣いを変えることが苦手なので、目上の人に対し不適切な言動、馴れ馴れしい態度をとることがあります。

特徴を見ると欠点ばかりに見えますが、アスペルガー症候群の方は自分に関心があることに対してとことん突き詰める特性がありますので、そういった特定の分野で素晴らしい能力を発揮することもあります。

アスペルガー症候群 有名人のイメージ画像

アスペルガー症候群の女性への対応やカサンドラ症候群のチェック・そもそもカサンドラ症候群とは


アスペルガー症候群本人とコミュニケーション(意思疎通)がうまくいかない家族や友人などの心身に不調が生じる二次障害のことをカサンドラ症候群といいます。
特に夫や妻といったパートナーに起こることが多いといわれており、悩みを周りが理解し難いので孤独感から抑うつ状態になる人もいます。
カサンドラ症候群の症状は精神的なものと身体的なものがあり、症状の度合いによっては日常生活に支障をきたしてしまいます。

特徴的な症状
抑うつ・自律神経失調症・パニック障害・自己評価の低下・体重の増加あるいは減少・片頭痛などです。

カサンドラ症候群になりやすい人の特徴
アスペルガー症候群は比較的男性に起こりやすい障害だといわれています。そのためカサンドラ症候群が起こりやすいのはアスペルガー症候群の男性を夫に持つ女性に多いといわれてます。
ですが、結婚している夫婦やパートナーのみに起こる症状ではなく家族・友人・職場の同僚などアスペルガー症候群に関わる(対応している)身近な人もカサンドラ症候群が起きる可能性があります。

カサンドラ症候群の対処法として、専門の医療機関を受診し、薬を飲んで症状を緩和することも大事なのですが、根本的な解決に繋がるとは限りません。
カサンドラ症候群は、周りに相談してもなかなか理解してもらえないことにより、孤立感を感じてしまい起こりますので、同じ悩みを持つ者同士が互いに苦しみを分かち合い、支えあうことによって問題の解決や克服を図る活動を行っている自助グループを活用するのも1つの方法です。



アスペルガー症候群の特徴(年齢別)


乳児に見られる特徴(0歳~1歳)
音に敏感に反応する
目を合わせない・笑わない
人見知りしない など

幼児に見られる特徴(1歳~6歳)
一人遊びに熱中すると周りが見えない
相手の表情を読み取ることができない
マイペースで集団から孤立しやすい
何度も説明しないと理解できない

小学生に見られる特徴(6歳~12歳)
相手の気持ちや意図を読み取れない
規則やルールに忠実
得意科目と苦手科目の差が大きい

中高生に見られる特徴(12歳~18歳)
友達作りが苦手
イレギュラーに対応できない
冗談や比喩(喩え)がわからない
苦手科目に対しついていくのが困難

成人に見られる特徴(18歳~)
コミュニケーションを取るのが苦手
臨機応変に行動するのが困難
対人関係を円滑に築くことが難しい

自分がアスペルガー症候群だと疑われる場合にはどうすればよいか


アスペルガー症候群は身体障害とは違い第三者からは分かりにくいため【見えない障害】とも呼ばれることもあります。悩みや症状も人によって様々ですので専門機関に相談することにより、困っていたことなどが軽減される場合があります。
早めに専門機関で診断を受けることにより二次障害(カサンドラ症候群)などを予防することも出来ます。

アスペルガー症候群は先天的な脳機能障害が原因で起こるといわれていますが、引き起こされる要因として遺伝的要因と環境要因が相互に影響して脳機能障害が起きると考えられていますが、原因や症状も様々なので、全ての人に当てはまる原因がないため診断が難しくはっきりと解明されていないのが現状です。

医療機関で診断する際に診断基準に基づいたテストや患者の生活習慣、悩みなどについて問診され、しっかりと話を聞いた上で判断されます。症状が一定期間以上持続することが条件なので、何回か検査や経過を見て判断される場合もあり、治療や原因は【自閉症】と共通することが多いのですが患者に合った支援や治療(薬)が必要となります。

アスペルガー症候群は上記でも述べたように要因と原因がはっきりしていないため、現段階では医学的な根本治療はないのが現状です。
しかし、集団生活(学校や職場)でスムーズに対応できるようにトレーニングしたり、特徴を和らげるなどの療育を受けることができ、個人に応じてトレーニングなどを積み重ねることによりコミュニケーションが円滑に築け、生活しやすくなるなどのメリットがあります。
よって専門機関などの早期のサポートを受け、自分に合った対処法を続けることが一番の治療だといえるでしょう。

スポンサードリンク




大人の場合
障害者就業・生活支援センター
発達障害者支援センター
相談支援事業所 など

子供の場合
子育て支援センター
児童発達支援事業所
保健センター など

上記に相談に行き障害の疑いがある場合にはそちらから専門医(病院)を紹介してもらうことができます。
自宅近辺に相談センターなどがない場合は、電話相談をしてもらえることもあります。


専門機関の敷居が高い方にアスペルガー症候群かをセルフチェック(診断)することができる無料アプリがありますので紹介します。
Android
https://android.app-liv.jp/001919408/

iPhone
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E8%A8%BA%E6%96%AD-%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85-%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%BC%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%AE%E8%A8%BA%E6%96%AD/id933097674?mt=8




アスペルガー症候群の特徴 男性 恋愛・アスペルガー症候群の特徴 女性 恋愛


アスペルガー症候群の人が恋愛において困ること

アスペルガー症候群は相手の気持ちを察することが苦手で、言葉も文字通り受け取ってしまうため「何もしなくていい」と相手に言われ、その通りにすると嫌われてしまったり・思ったことをストレートに言ってしまい恋人を傷つけ泣かせてしまう・遊びに行く約束など決めたルールを守ろうとするため約束を守れない場合の変更に対応できないなどがあり、交際(恋愛)が長続きしないことが多いです。

アスペルガー症候群の有名人


アスペルガー症候群だと公表している有名人(芸能人)も多くおり、モノマネ芸人や芸術家、歌手やアーティストなど特定の分野で才能を発揮しています。

世界的に有名なエジソン・アインシュタイン・レオナルド・ダ・ヴィンチ・ビル・ゲイツなどの変わり者の天才と呼ばれている方たちもアスペルガー症候群ではないかといわれています。


普通の人以上に専門知識が高く成功している人がたくさんおり、1つのことに対して集中する特性を生かすことができる高学歴で有名な東大の方などにも多いといわれています。病ではなく天賦の才能と捉えることも出来ますね。