すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

暑中見舞いの例文や文章についてのご案内

暑中見舞いの始まりは、いつからだったのでしょうか。

毎年、例文や送る時期、手の込んだ方ですとイラストを描いたり、当選番号が気になったり、あるいはテンプレートを探している間に残暑見舞いの時期になってしまったりと、人によって様々な暑中見舞いですが、

相手方に送るのに最も適した時期は梅雨があけた頃の7月7日~8月6日、だいたいこのぐらいの時期に送ると良いです。

尚、現在では郵便機能の発達や遠方の方とのコミュニケーションが容易に取れるようになった時代ですので、暑中見舞いは単なる形式的な社交辞令と化していますが、元々は遠方に住んでいる相手方を気遣うものであり、一年で最も暑い日に相手の健康を気遣う趣旨の内容を手紙で送るものが暑中見舞いとされるものでした。

ちなみに一年のうちで最も暑い日というのは、暑中の期間(小暑から立秋前日の約1か月)、もしくは夏の土用(立秋前の約18日間)とする説もあります。



暑中見舞いを出す時期とは

一般的には、暑中見舞いを出す時期は、小暑と呼ばれている7月7日の金曜日から立秋と呼ばれている8月7日の月曜日の前日までを、言います。

郵便と暑中見舞いの抽選について

日本郵便では、暑中見舞いや残暑見舞いの郵便はがきにて、「かもめ~る」の当せん番号の抽選会などを行います。「かもめ~る」とは暑中見舞用郵便葉書(かもめ~る)のことでして、当選番号がついているくじ付きのハガキになります。

暑中見舞いの例文・暑中見舞いの文章について

毎年文例に悩まれる方も多いかと思いますが、あまり難しく考えずに、よく使われる慣用句や文章を参考に、自分だけのオリジナルの文面を書かれてみてはどうでしょうか。

暑中見舞いの文例集について

毎年、暑中見舞いや残暑見舞いで文例に悩まないよう、今年からは昨年までのご自身が送った文例を残しておいて、来年以降の参考にしてみたり、地域の図書館に足を運んで、過去のスクラップなどをご覧になられてもよろしいでしょう。

暑中見舞いの時期について

暑中の御見舞を出す時期ですが、一般的には小暑〈7月7日(金)〉から立秋〈8月7日(月)〉の前日までと言われています。

暑中お見舞いとは

暑中に知人などへ安否を尋ねるために家を訪問したり、手紙を出すことをいいます。

暑中見舞いとはがきの当選について

暑中・残暑見舞はがき「かもめ~る(かもめーる)」にはくじ番号がついているようでして、夏のおたより郵便葉書(かもめ ~る)の当せん番号の決定はPDFなどで告知発表されるようです。

暑中見舞いを英語では

Summer greeting cardとなります。

暑中見舞いはいつまで?

8月7日(月)ぐらいまでです。

暑中見舞いの書き方

冒頭の挨拶文ですが、「暑中お見舞い申し上げます」や「残暑お見舞い申し上げます」などの決まり文句を書くといいでしょう。

暑中見舞いの抽選とは

日本郵便の公式のホームページから、「かもめ~る」の特設ページをご覧になり、お手持ちのクジ番号が当選番号かどうかを確認しましょう。

毎年この時期になると、頭を悩ませるのが暑中見舞いの例文とイラストの素材探しですね。

特に暑中見舞いのイラストは無料のものが良いです。
それはなぜかといいますと、貰った人もお返しに送らなければなりませんので、そこでイラストが高価なものだったり有料のイラストを使って作成されていましたら、貰ったほうも何だか嫌な気分になりますし、顰蹙ものでもあります。

暑中や残暑見舞いのイラストでしたら、現在ではインターネットで探せばいくらでもたくさん出てきますし、もちろん無料でも高品質なものも多数あります。

無料の素材をこれまでに使ったことが無いという方は、ぜひともこの機会にインターネットで暑中お見舞いのイラスト素材を無料で探されてみてはどうでしょうか。

尚、暑中見舞いの例文ですが、「暑中お見舞い申し上げます。炎暑が厳しい中、皆様お変わり無くお過ごしでいらっしゃいますか。」との出だしの文面でよろしいでしょう。

文末の方の例文ですが、「炎暑厳しき折、くれぐれもお体をご自愛くださいますよう、または、くれぐれもご自愛の程、お願い申し上げます」と言った感じの文面でよろしいでしょう。