すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

所得税の税率の計算方法

毎月ではあまり意識したりしないかもしれませんが、夏や冬のボーナスの時期などには何かと気になるのが所得税です。会社に勤めて給与収入がある方、会社で給料を貰っているサラリーマンの方などは、自分の給料とともに所得税の金額がいくらになっているのかが気になるものだと思います。

所得税の税率の計算方法ですが、自営業者やパートタイマーの方も同じ計算方法でして、特別な計算ツールなどがなくてもご自身で計算をすることが可能です。

ちなみにそもそも所得税とは何かということですが、所得税とは個人の所得のことであり、収入から必要経費を差し引いた利益に対して課される税金のことをいいます。

スポンサードリンク



復興特別所得税とは

あまり聞き慣れないかもしれないのですが、
復興特別所得税とは、平成25年分の所得税から適用される、東日本大震災の復興を支援するための財源の確保のための特別な措置法の事を言います。源泉徴収関係で復興特別所得税の名前をもしかすると身近に感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は意識している、いないに関わらず、みなさんの知らないうちに復興特別所得税を納付しているかもしれませんよ?なぜなら、復興特別所得税は所得税や法人税、住民税において増税が実施されているからです。

税金と所得税の関係について

所得とは、労働の対価として支払われる賃金ですので、当然、得たお金には税金が発生します。それを所得税と呼ぶのですが、日本では年収に応じて所得税が違ってきます。例えば、年収200万円でしたら所得税は
22,400円です。

所得税の計算法について

例えばですが、給与を貰っているにも関わらず、所得税がゼロになる方がいます。
こうした方は、年間の所得が年間103万円以下の給与をもらっているからです。給与所得の計算式ですが、以下のようになります。

収入金額-給与所得控除額=給与所得の金額


所得税と課税対象額

課税対象額と何でしょうか。これは所得税や住民税を計算=課税する際に、その計算をする上で基準となる金額のことをいいます。これを課税対象額といいます。例えば給与所得が200万円だった場合、その200万円という年収の全てが課税の対象になるわけではありません。この中からいくつかの控除額を差し引いた課税対象額を基準として国に収める税金が確定します。

所得税の仕組みとは・所得税について

毎月の給与の中から当たり前のように引かれている所得税ですが、この所得税の仕組みはどうなっているのかといいますと、所得税は個人の所得に対してかかる税金で、1年間の全ての所得から所得控除を差し引いた残りの課税所得に税率を適用し、税額を計算しているというわけです。

源泉所得税とは

所得税と源泉所得税は似ていますが、ではこの違いは何でしょうか。所得税は個人がその年の1月1日から12月31日までの一年間で得た所得に対して課税される税金のことをいいます。

これに対し、源泉所得税は、個人の会社員のかわりに会社(勤務先)が天引きした所得税のことを源泉所得税といいます。

賞与(ボーナス)と所得税について

早いところでは6月に、平均的には7月、そして年末の12月に、一般的には賞与と呼ばれるボーナスの支給時期が回ってくるのですが、この賞与=ボーナスは所得税の課税対象になります。所得税法上では賞与は「給与所得」として扱われています。

年金と所得税について

年金を受け取っているとき、公的年金の受給額が65歳以上で受給額が158万円以下の場合は所得税を払う必要がありません。 それはなぜかといいますと、年金受給額から基礎控除と公的年金控除を合わせると、課税対象となる所得税が0になるからです。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">