すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

G4 スバル新型 インプレッサ 2018年モデル(新型インプレッサのフルモデルチェンジについて)

g4 スバル新型インプレッサの2017年モデルとは


スバルから2017年に発売されたインプレッサG4は、今までの装備に加え、後退時(バック時)自動ブレーキシステムの追加・アイサイトセイフティプラスにサイドビューモニターを追加(オプション)・夜間走行時歩行者認識性能の強化などがあり、さらに安全面で進化しました。


g4 スバル 新型インプレッサの2018年モデルとスバルインプレッサ新型の発売日について


スバルの新型インプレッサの2018年モデルが2017年ニューヨークモーターショーで初公開されました。

今回公開された2018年モデルの特徴は、最新版の車載コネクティビティの【スターリンク】の採用です。

タッチパネルを核にしたマルチメディアシステムは、スマートフォンとの連携やiPodコントロール、ブルートゥースに対応し、SOS緊急アシスタンスをはじめ、自動衝突警告、ロードサイドアシスタンス、メンテナンス通知などが導入されました。

さらに、セーフティプラス&セキュリティプラスパッケージも設定され、盗難車追跡サービス、セキュリティアラーム作動通知、クラクションやヘッドライトの遠隔操作機能などが装備されます。

スバル新型の発売予想は2018年秋頃だと予想されています。


インプレッサ ハイブリッドの発売時期について(スバル インプレッサ 新型のハイブリッド情報)


インプレッサハイブリッドの発売時期はまだ公式発表されていませんが、ハイブリットシステムに関して提携先であるトヨタのプリウス(PHV)を供給してもらい搭載する予定のようです。


スバル xv フルモデルチェンジ(インプレッサスポーツの新型)について


スバルXVは2017年にフルモデルチェンジされ、今まで2.0Lグレードのみのラインナップとなっていましたが、2017年に発売されたXVは1.6Lグレードが追加され、販売価格も2.0Lより低くなったことによってさらに多くの方にシェアされています。

スポンサードリンク




スバルstiの次期モデルとは


スバルは2018年1月にSUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPTを出展しました。

STIコンプリートカーらしいハイパフォーマンスをイメージさせ、空力特性の向上によって走行安定性を高める専用デザインのフロントバンパー、サイドシルスポイラー、トランクスポイラーを採用しています。
フルモデルチェンジが予定されている、スバル新型WRX STIの次期モデルになっています。


次期インプレッサハイブリッド情報


 車体価格 インプレッサ
 SPORT     194.4万円~(税込)
 SIT      386.64万円~(税込)
 XV       213.84万円~(税込)
 G4       194.4万円~(税込)



HONDA VEZEL(ホンダのブェゼル)とは


ここで突然なのですが、筆者が最近気になっているホンダのブェゼルについてお話したいと思います。

ブェゼルはホンダが誇るSUVで1番人気の車です。CMなどでもよく見かけることがあり、気になっていました。

車体はスポーティでありながらコンパクト!見た目とは違い車内は広く、若い方だけでなくフャミリー層に人気なのも頷けます。
ブェゼルはガソリン車だけでなくハイブリット車も販売しており、価格や燃費の面でも多くの方が満足している車種です。

ガソリン車    ベーシックタイプ 207.5万円(税込)
ハイブリット車  ベーシックタイプ 246万円(税込)


他にもライトや車内にさらにこだわった車種もあります。

スポンサードリンク



クルマ好きなら知らない人はいないのではないかというぐらい有名な車種にインプレッサがありますが、時期インプレッサとして昨年大変話題になった新型インプレッサに新たなモデルが発売されるようです。

2016年10月に発売された新型インプレッサ。そしてそれをベースに開発されるという「スバルグローバルプラットフォーム」が採用される、スバルXVのフルモデルチェンジ。

インプレッサにせよ、他の車種にせよ、スタイリッシュなデザインのクルマはフルモデルチェンジの情報が出て来るたびに胸が踊りますよね。

ちなみにスバルは2017年の4月1日から社名を株式会社SUBARUへと変更し、次世代プラットフォームのSGPを搭載した新型車を発売するなど、新時代に向けてさらなる躍進を進めています。

車の安全装備で高い評価を誇るSUBARU。

2016年新型インプレッサG4へのフルモデルチェンジの記憶も真新しいですが、こうしたスポーツタイプのスタイリッシュな新型車のフルモデルチェンジは本当に歓迎すべきものですね。

スポンサードリンク



スバル インプレッサの新型 stiとは

正式名称は「スバル 新型 WRX STi 直噴FA20ターボエンジン」となります。
2017年6月にD型が登場したスバル。
モータースポーツで培ったテクノロジーと革新の走り、それに加えて抜群の安全性能を兼ね備えたWRX STIの魅力。スバルのインプレッサのファンならずとも、車好きなら虜になるのではないでしょうか。そんなスバルですが、新型インプレッサのスタートを皮切りに、次世代モデルの車へとどんどん切り替わりが始まっています。

新型 インプレッサの発売日はいつ?

スバルの看板車種である新型インプレッサですが、スバルの次期インプレッサスポーツ・G4のフルモデルチェンジが2016年10月に実施され、2017年にはフルモデルチェンジされた新型スバルXV。スバルの新型はとどまるところを知らない勢いでどんどんと信頼度の高い新型車が発売されています。

スバル インプレッサ xv 新型について

2017年5月24日にはスバルXVがフルモデルチェンジされましたので、記憶に新しい人も多数いらっしゃるかもしれませんが、これからさらに一年後には、スバルのプラグインハイブリッド車が登場することが予定されています。2018年には新型XVのプラグインハイブリッドモデルが発売。まだまだスバルの新型車種からは目が離せないように思えます。

インプレッサの中古 はいくらぐらい?

とある価格比較サイトを見た限りでは、スバルのインプレッサの中古車は、価格が~60万円台では平成23年・2011年代のものがこの価格から購入可能で、~100万円の価格帯でも平成24年式の2012年代ものが多数出回っているようです。もう少しグレードを上げて、最近のものですと、平成26年・2015年と今から2年前の中古車が~160万円から購入可能となっています。下は60万円以下、それぐらいの価格からインプレッサの中古車は購入が可能となっているようです。

インプレッサ スポーツとは

次世代スバル の第一弾「インプレッサ SPORT」。エアバッグ採用など車種の拡大やブランドイメージにさらなる磨きをかけているSUBARU(スバル)。スバル インプレッサ スポーツ 2.0i-L EyeSightなどは、1992年に発売された初代のインプレッサから数えて5代目となる感慨ものです。

インプレッサ アネシスとは

インプレッサの4ドアセダンが「アネシス」の名で日本で発売されています。欧州では人気の高い、ハッチバックボディを採用し、それを日本で発売されたのがインプレッサのアネシスです。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">