すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ボーナスは賞与、特別手当

もうすっかり初夏ですが、夏が近づくに連れてみなさんが最も気になるのが、夏のボーナスなのではないでしょうか。ボーナスは賞与、特別手当ともいわれ、決まった期日に支払われる定期給とは別に支払われる給与のことをボーナス(賞与)と呼ばれています。

企業によってはボーナス(賞与)が年一回のところもあれば、年に三回支給されるところもあります。一般的には夏と冬の年二回にボーナス(賞与)が支給される会社が多いようです。

ちなみに公務員のボーナス(賞与)は、国家公務員は法律で、地方公務員は条例で定められています。

公務員の場合のボーナスの支給日は夏が6月30日、冬が12月10日ですが、一般企業の場合は7月初旬、具体的には、「7月10日」ごろ、とくに金曜日が多いといわれています。ちなみに一般企業の冬のボーナスは12月初旬が多いようです。

ボーナスの由来ですが、これは江戸時代にまで遡りまして、江戸時代の商人が、夏は氷代、冬は餅代として奉公人に配った事が元となっているそうです。

特別な給料である賞与(しょうよ)、ボーナス (bonus) ですが、みなさんが気になるのは支給日よりも、もしかするとボーナスの平均額や時期、使い道や手取り額、税金がどれぐらい引かれるのかと貯金に回すべきかどうかのランキングが気になるのかもしれませんね。

スポンサードリンク



公務員の夏のボーナスの支給日とは

ボーナスといえば、みなさんご存知の賞与のことですが、では2017年のボーナスの支給日はいつになっているのでしょうか?
公務員ではだいたいみなさん口を揃えて6月30日といいますが、では公務員意外の民間の企業ではどうなるのでしょうか。ズバリ具体的に回答します!

公務員は…6月30日です。
民間企業は…7月初旬です。

今年も夏のボーナスの時期がやってきました。夏のボーナスの支給時期がいつなのか気になっていた方は、これですっきりとされたのではないでしょうか?

市役所のボーナス支給日は?

夏のボーナスは6月30日から7月10日の時期にもらう人が多く、冬のボーナスは12月5日から12月25日にもらう人が多いようです。

夏のボーナス支給日はいつ?

公務員のボーナス支給日は6月30日と定められているようです。

nttのボーナスの支給日について

NTTやトヨタ自動車などは具体的な日にちは定まっていないようです。

新日鉄・住金のボーナス支給日とは

公務員と一般企業ではもちろん違いがありすぎるのですが、年に二回のお楽しみといえば、公務員も民間企業もどちらも同じですよね。そんな中でも特にボーナスに関しての比率が良いと言われているのが新日鉄でして、インターネットの情報などでは入社一年目の冬のボーナスの手取り額が約100万円だった、などとも言われています。

夏のボーナスの平均は?

みんなが気になる他の人の夏の賞与額なのですが、だいたい一般的には「ボーナス(賞与)は基本給の何ヶ月分が平均か?」と問われれば「ボーナスは基本給2.5ヶ月分」と答えて相違ないです。

ボーナスの計算について

民間企業だと、夏のボーナスは基本給の1~1.5ヶ月分、多くて2ヶ月分というのが相場のようです。

ボーナスランキングについて

夏のボーナスの平均金額は、20代なら35万と言われています。

トヨタのボーナスについて

民間企業でトップのトヨタですが、やはりそれなりに貰っていると考えても良さそうです。

ボーナスの使い道について

2017年の今年の夏のボーナスの使い道ですが、やはり上位は貯金で、次いで旅行、生活費の支払い、両親へのプレゼントなどが挙げられています。

ボーナス払いとは

クレジットカードなどの支払いで、昔は一括払いやボーナス払いが主流でした。
現在はリボルビング払いが一番利用されていますが、夏または冬のボーナス月に一括して支払うことをボーナス払いと言います。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">