すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

2017年・2018年おすすめの人気の軽自動車とは

軽自動車の購入を検討されている方は、車の維持費をできるだけ抑えたいと考えている方が大半でしょうか。それとも燃費の良さを気にして、ハイブリッド車と比較・検討し、初期費用や月々の維持費などを考慮し、最終的に軽自動車に落ち着いたからなのでしょうか。

いずれにしましても、軽自動車とは日本独特の小型自動車であり、その小型自動車制度に基づく自動車の総称のことであります。安価で経済的、それでいて免許や税金面での優遇処置があるなど、小型車の普及を国が応援していることもあり、いまでは多くの方が軽自動車を愛用しているといえます。

そんな軽自動車ですが、排気量は660cc以下の小型であり、2010年以降、軽自動車の新車販売台数は増加しているといえます。その人気の秘密はなんといっても低燃費と税金面での安さです。みなさんもエコカー減税やエコカー補助金、グリーン税制などを耳にしたこともおありでしょう。

日本では大人気の軽自動車。種類もたくさん出ていますが、その中でも特にバモスホビオや日産 NV100クリッパーリオ、アトレーワゴン、フレアクロスオーバー、日産 モコ、スバル プレオ、マツダ キャロル、スズキ ワゴンR、ダイハツ ムーヴ、ダイハツ タント、ホンダエヌボックス、これらの軽自動車が人気の車としてよく購入検討されているようです。

スポンサードリンク



自動車ランキングについて

自動車のランキングと一口にいいましても、新車の人気ランキングなのか、世界での自動車メーカーの販売台数ランキングなのか、日本の自動車メーカーの年間販売ランキングなのか、あるいは軽自動車の人気ランキングなのかで様々な意見にわかれるのですが、本稿では近年人気の高い軽自動車の人気ランキングをご紹介いたします。
2016年や2017年では、かっこいい軽自動車が注目を集めています。小回りが効いて燃費も良く維持費も安いのが軽自動車のメリットですが、そんな中でもホンダ N-BOX(エヌ-ボックス)が人気ランキングの上位にランクインしています。次いでダイハツのタント、そして日産のデイズ、ダイハツ ムーヴといった流れでのランキングが上位の顔の常連となっているようです。

軽自動車の中古について普通車よりも格段に安い軽自動車ですが、実際のところ軽自動車の中古車とはどうなのでしょうか?安全面やその後のメンテナンスなどを考慮すると、中古車よりも新車の方が良いかもしれないとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、最近の中古車はかなりしっかりとしていて、中古車だからと一概にダメだとは言い切れません。やはりここでも中古車選びが重要になってくるのです。

軽自動車の車検はいくら?

軽自動車は2年ごとに車検を受けなければなりません。
ですがご安心ください。軽自動車は車検の費用が安いのです。もしも安さだけにこだわるのでしたら、3万円台で車検を通すことも可能です。

ホンダの軽自動車について

honndaの軽自動車といえば、なんといってもホンダのエヌボックスです。N-BOXは広さや安全性も考慮された、燃費と車両価格を考慮された本当にお勧めの軽自動車です。

日産の軽自動車について

日産の軽自動車といえば、人気の「デイズ」シリーズがおすすめです。技術の日産の異名を持つ自動車メーカーならではの安心感と信頼度は他の追従を許しません。中古車選びで悩んでいる方は、日産んお軽自動車も視野に入れられてはいかがでしょうか。

ダイハツの軽自動車について

軽自動車に力を入れているダイハツは、販売台数でもスズキと争っています。価格や燃費の良さでも定評のあるダイハツ。普通車も販売していますが、ダイハツの新型軽ムーヴキャンバスなど、強固な資本のもと開発が続けられるダイハツの軽自動車も見逃せませんよ。

スズキの軽自動車について

スペーシアやハスラーといった人気の軽自動車が続々ラインナップされているスズキ。
日本の軽自動車業界における、名実ともに第一位の軽自動車メーカーがスズキです。日本ならではの軽自動車。車選びに迷ったらスズキも検討されてみてはどうでしょうか。

軽自動車の名義変更について

名義変更(売買・譲渡)は、初心者の方ですと変に難しく考えすぎたり、わからなかったりするのですが、軽自動の名義変更の手続きはそれほど難しくはありません。
売買や譲渡により、軽自動車の 所有者または使用者を変更する場合の手続きですが、車検証を用意し、名義の変更に必要な書類である申請依頼者を用意します。そして住民票を用意し、新使用者と新所有者、旧所有者の印鑑を申請書に捺印します。後は軽自動車税や自動車取得税の申告が必要ですので税の申告書の用紙に記入します。

軽自動車税とは

平成28年年度(2016年4月1日)から軽自動車税の税率が大幅に変更されました。
平成27年4月以降に軽自動を新規に取得する場合は、四輪の軽自動車で乗用(5ナンバー)の自家用が10,800円と、一例を出しましたが、このように自動車税が以前までと比べて増税となっています。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">