すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

人気のきゅうりのレシピや漬物、育て方など

夏の野菜といえば、なすびやきゅうりを連想される方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

あまりにも暑い夏の日には、よく冷えたキュウリをそのままで丸かじりをしてみたくなるものですが、
よく冷えていようが冷えていまいが、きゅうり自体には栄養があまりありません。

ですが、きゅうりは実は夏バテ解消にも効果的ですし、
なによりも熱中症には夏野菜がおすすめなのです!そんな中でもきゅうりは特に効果的!

暑い夏を乗り切るには夏野菜が一番。
そして夏野菜の中でも比較的簡単に手に入り、安価でおいしく食べられるキュウリは水分補給にも効果的ですし、
熱中症の予防で最も大切な水分の補給にも一役買ってくれます。

そんな夏野菜の代表格のきゅうりの食べ方や選び方、保存方法や栄養価、漬物のレシピや育て方まで、本稿では触れてみたいと思います。

野菜の育て方、と聞くとなんだか難しく聞こえますが、家庭菜園やプランター栽培で簡単にできる、と聞けば、なんだかちょっと努力すればすぐに育てられそうな気がしませんか?

きゅうりの栽培方法ですが、実はキュウリはプランターでも立派に栽培することができます。

ホームセンターや園芸店、インターネットの通販サイトなどできゅうりの苗を購入し、ご自宅のベランダ菜園やプランター栽培などで花野菜用の培養土を買ってきて、有機肥料を入れてから栽培します。プランター栽培の場合は、あんどん仕立てや緑のカーテン風にすると尚良いです。

スポンサードリンク



ちなみにきゅうりの栽培方法ですが、移植栽培(苗から育てる)と直まき栽培(タネから育てる)があります。
キュウリの栽培が初めての方は、迷わずポット売りされた苗からの移植栽培を選びましょう!
その方が簡単で確実に失敗すること無くキュウリの栽培ができます。

ちなみに夏野菜といえば、ナス、キュウリ、ピーマンなどが代表的ですが、その中でもきゅうりは1本食べれば100cc程度の水分をとることができ、汗で失われるカリウムなどのミネラル類も含まれていますので、熱中症の対策にも最適です。

身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれる夏野菜のきゅうり。
栽培時の保存方法ですが、トマト、ナス、キュウリ等の夏野菜は黒マルチシートを張って栽培すると良いです。
黒色のマルチシートの効果は雑草防止、土の固結防止、肥料の流亡防止、土ハネの防止、乾燥防止などです。

暑い夏は、カリウム、ビタミンC、カロチンが豊富なきゅうりを浅漬けにしたりサラダにしたりしながら、あるいは、シャキっとした歯応えと、ひんやりとしたみずみずしい食感を楽しみながら。キンキンに冷やして味噌をつけて食べたり、そうめんや冷やし中華の付け合わせ、漬物などにして食べましょう!

スポンサードリンク




ぜひ一度試してほしい!きゅうりの浅漬けの作り方

そのまま食べても大した栄養素はないと言われ散るキュウリ。
ですが、これがぬか漬けになったり浅漬けにすると、話は変わってきます。

例えば、キュウリの浅漬け。
半日から一日ぐらい冷蔵庫に入れて冷やして食べると大層おいしくなると評判。

塩昆布で美味しく味付けが可能。

少し甘めな味付けでポリポリとおやつ代わりに食べても良いですし、夏のビールやお酒のお供にも最適!
また、夏バテの予防や水分補給にもぴったりのきゅうりの浅漬は、普段はなかなかきゅうりを食べないという方も、これを機にぜひ試していただきたい逸品です。

そんなきゅうりの浅漬の簡単な作り方ですが

①キュウリを適当な大きさに切ってから、ビニール袋やジップロックに入れて塩と砂糖を入れてよく振るだけです。

②その後、冷蔵庫に入れてしばらく冷やしながら寝かしておくだけ。

③たったこれだけの手順に箸休めにぴったりのキュウリの浅漬けが完成です。

④もう少ししょっぱいのがお好みの方は、塩昆布を入れても良いでしょう。

ここが好きです!きゅうりの種類

あまり知られてはいませんが、夏野菜の代表格であるキュウリには、加賀太キュウリ、大和三尺、四葉キュウリ、四川キュウリなどの品種があります。
普段の生活の中では、なかなか食べる機会がありませんが、もしも食べる機会が訪れましたら、ぜひとも「採れたての生のキュウリ」を食べてみることをお勧めします。とれたてのきゅうりは抜群に美味しいです!

キュウリ(胡瓜/きゅうり)の種類には、白イボきゅうり、黒イボきゅうり、
石川県の特産である加賀太きゅうり、奈良地方の特産の大和三尺、四葉キュウリ、四川キュウリ、ラリーノなどのきゅうりがあります。

もしかすると普段、スーパーや八百屋などで気づかずに買って食べているかもしれませんね。

きゅうりの摘心の仕方(摘心・切り戻し・刈り込み)

ベランダできゅうりの栽培をしている方もいらっしゃるでしょうが、
実はきゅうりは放っておいてもある程度は実りますし、それなりに成長はしますが、やはり枝が次々と出てきますので、ずっとほったらかしというわけにはいきません。そこはやはり剪定・摘心や摘葉を行うことが肝要です。

きゅうりの枝が込み合ったり葉が重なったりすると、病気が出やすく、収穫量も半減しますので、整枝をしなくてはなりません。

ではキュウリの摘心の仕方ですが、株元から5~6節の子づるや雌花は全て早めにかき取るようにします。

そして収穫量を上げるために、6~7節目から10節目ぐらいまで出た子づるは葉を一枚だけ残して他は摘み取ります。

この際、全ての枝を摘み取ってしまうのではなく、元気な枝を残していく、というやり方で元気な枝を数本残すように生育していきます。主枝は自分の目の高さぐらいで先端を摘み取って止めます。

こうして芽や枝を摘み取ることで、きゅうりの栽培が上手くいき、
元気なきゅうりの成長が促されて、おいしいきゅうりの実がよく育つと言われています。

スポンサードリンク



きゅうりの料理レシピについて

誰にでも簡単に作れて、すぐにできるキュウリの料理のレシピが巷で人気です。
夏にぴったりの夏野菜のキュウリのレシピは以下のようなものがあります。

ごま油と塩をかけるだけのキュウリのおつまみ

梅干しとわかめとキュウリの和え物

きゅうりろ大葉の浅漬け

もずくときゅうりのポン酢あえ

醤油とお酢と砂糖と生姜のきゅうりの浅漬け

他にもまだまだありますが、これらが一番美味しく、簡単にすぐに作ることができるレシピです。

きゅうりの作り方について

シャキシャキした歯ごたえが人気の夏野菜の代表格のきゅうりですが、
きゅうりは和える、炒める、漬けるといった手法で味付けも風味もかなり変わります。
きゅうりもみやきゅうりのたたき、きゅうりの和え物など、きゅうりを使った料理の作り方は様々なものがあります。
特にきゅうりの炒め物などは、この時期には敬遠しがちですが、意外と美味しいですので毛嫌いせずに是非チャレンジしてみてください。

もう試しましたか?きゅうりのおいしい食べ方

サラダや漬物に大活躍のきゅうりですが、やはりなんといっても最高に美味しい食べ方といえば、きゅうりのぬか漬けなのではないでしょうか。きゅうりはそのままではほとんど栄養価はありませんが、これがぬか漬けになることで、その栄養価は格段にアップします。きゅうりのぬか漬けを普段あまり口にすることが無いという方は、騙されたと思って一度食べてみて下さい。

ちなみに醤油やみりん、ごま油とほんだしを使っての簡単な濃い味付けのキュウリの浅漬けも人気ですよ。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">