すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

7月7・8・9日の成田祇園祭

毎年7月の7・8・9日、直近の金・土・日曜日に開催される千葉県成田市の祭礼行事の成田祇園祭。

成田市の観光協会の公式サイトにも記載されている、大迫力この上ない成田祇園祭(なりたぎおんさい)は、みなさんはご存知でしょうか。祇園祭の中でも、熱気と活気にあふれた祭礼行事といえば、この成田祇園祭で間違いありません。

300年以上もの長い歴史を持つ伝統の成田祇園祭。

今年2017年も50万人近い見物客が訪れると見て間違いありません。

10台の山車と屋台、そして囃子の音を響かせながら、毎年夏の訪れを告げる成田の夏の風物詩である成田祇園祭(なりたぎおんさい)。

3日間にわたって成田山表参道やその周辺一帯を巡行するお祭りの成田祇園祭。

機会がある方は、ぜひ一度行かれることをお勧めします。

スポンサードリンク



成田山新勝寺の祇園祭とは

関東・千葉県の成田市にある成田山新勝寺で、毎年7月の頭に行われるのが成田山新勝寺の祇園祭です。

祇園祭の山鉾の巡行時間について

日本三大祭の一つである祇園祭。その祇園祭の山鉾巡行ですが、山鉾巡行の日程や時間などはその都度変更になったりもしますので、巡行時間を気になさるなら、できるだけ直前に確認をされるとよろしいかと思われます。

祇園祭の宵山時間とは

前祭宵山と呼ばれる祇園祭の宵山は、2017年は7月14日~7月16日が開催期間で時間の方も夕方から~となっています。

成田祇園祭りについて

祇園祭と聞けば、大抵の方は京都の方を思い浮かべられると思いますが、千葉県の成田市でも成田祇園祭というお祭りが開催されます。成田の夏の風物詩である成田祇園祭。7月7・8・9日あたりが開催期間となりますので、この3日間のいずれかだけでも見に行かれたらいかがでしょうか。

祇園祭の辻回しとは

京都の祇園祭の山鉾巡行の最大の見所なのが、この辻回し(つじまわし)と呼ばれるものです。
辻回しは重さ10トンを超える山鉾の方向転換が4回も行われる大迫力のイベントとなります。

祇園祭の来場者数は?

宵山だけで100万人、祇園祭では180万人の来場者となる、と例年言われています。

スポンサードリンク



祇園祭の由来について

京都三大祭の1つの祇園祭ですが、その由来はかつて祇園社と呼ばれていたことに由来するのだそうです。

日和 神楽の祇園祭について

山鉾町~四条御旅所~山鉾町でおなじみの祇園祭の日和神楽は、7月16日の22時頃から行われます。

祇園祭の宵山の地図について

Googleマップを使うことで、宵山の山鉾配置マップや山鉾巡行コースが手に取るようにわかります。

祇園祭の見どころについて

大型の山鉾が横に組み立てられる様や山鉾で曳き初めなどが見どころとなっています。

祇園祭の日程について

祇園祭は毎年7月1日から31日までの一ヶ月間に渡って開催されますが、細かい日程などは京都観光の情報サイトなどで具体的な行事やイベントが見られます。

成田祇園祭の歴史について

成田祇園祭の歴史ですが、今から約200年まえの享保6年の時代から続いているそうです。かなりの歴史を持つ祭りと言えます。

成田祇園祭に屋台はでる?

山車や屋台が出ます。屋台や出店はどれぐらいの規模で出ているのかですが、薬師堂付近まで出店が出ているようです。

成田山の祇園祭とは

成田山表参道やその周辺一帯を巡行する成田祇園祭は、毎年45万人もの見物客が訪れるそうです。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">