すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ペルセウス座流星群

今年、2017年のペルセウス座流星群がいつなのかご存知でしょうか。

2017年のペルセウス座流星群は8月13日4時頃に極大を迎えます。
毎年、夏になれば見よう見よう、と思っていても、ついつい見逃してしまう方も多いのではないでしょうか。

今年の流星群は8月13日の日曜日なので、ちょうどお盆の時期とも重なるため、見ようと努力をすれば、見逃してしまうことも少ないかと思います。

ペルセウス座流星群は、毎年8月12日、13日頃を中心に活動するとても観察しやすい流星群ですので、せっかくの夏の風物詩なのですから、出来るだけ見逃さないようにしませんか?

夏休みの一大イベントともいえるペルセウス座流星群。
年間三大流星群のひとつですから、観測条件がマッチする方は、夏の思い出にぜひ観測するようにしましょう。

スポンサードリンク



流れ星とは

流れ星といえば、大きな隕石や星屑が超高速で流れているようにイメージしがちですが、実際のところ、宇宙空間に存在している直径1ミリメートルから数センチメートル程度といった、非常に小さなチリの粒などが地球の
大気に侵入し、その際に大気と激しく衝突することで高温となって光を放つ現象をいいます。流れ星は流星とも呼ばれています。

流星群はその大規模なもので、彗星が放出したダスト(チリ)が地球軌道と遭遇することで、それが原因となって流星群が引き起こされるのではと言われています。


今日の流星群情報について

今日見れる流星群というものは、さすがにお住まいの地域の天候や観測状況などによっても様々に変化しますので、一概に今日必ず見れる流星群とは言い切れませんが、流星電波観測や流星や火球などに関する情報を専門的に分析しているサイトやホームページなどをご覧になられますと、今日すぐにでも見れる観測可能な流星群がわかるかもしれませんね。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">