すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

蚊に刺されない方法や駆除、蚊の破裂など

夏になると誰もが不快感を示す「蚊」。

カとは一体どのような生物なのでしょうか。

蚊は意外と知られていませんが、実はハエ目(双翅目)に属する昆虫です。

刺されることで強烈なかゆみを誘発し、
夏になるとブンブンと騒ぎ立てて睡眠を妨げることでも有名です。

そんな蚊に刺されない方法というものがあるのでしょうか?
蚊にさされやすい人や刺されにくい人、というのもいるとも言われていますし、蚊に刺されることで腫れやすい人もいるのかもしれません。

蚊に刺されない方法といえば、ハーブやアロマオイルを塗ったりすることで刺されにくくなる、という情報もあるようです。

そんな非常に厄介な蚊ですが、駆除するには幼虫のボウフラの段階から手を打つのと、成虫になった蚊を駆除薬などで退治するのが一般的な駆除の方法のようです。

ちなみに蚊に対する人間の逆襲といいますか、ちょっとしたおもしろい噂がありまして、それは人間の血を吸っている最中の蚊を、針が抜けないようにしてそのまま吸血をさせ続け、そのまましばらくすると限界まで血を吸った蚊は破裂してしまうというものです。

本当かどうかはともかく、なかなかおもしろいエピソードですね。



蚊の種類について

夏になると飛んでくる非常にうっというしい蚊。
なんと全世界、地球上には約2500種類の蚊が生息しているのだとか。
我が国、日本では約100種類の蚊が生息しています。昼から夕方にかけて吸血するヤブ蚊は、白黒のシマシマ模様があることで有名ですね。

日本の蚊の種類について

アカイエカとヒトスジシマカとヤブカが日本では特によく目にしますし、有名なのではないでしょうか。

虫刺されと蚊について

蚊に刺されると、なぜカユイのかについてですが、蚊が血を吸うときの唾液とヒスタミン等の化学物質が影響して、刺されたときの症状として湿疹やかぶれ、かゆみなどが発生するのですね。

夏になるとこうした虫刺されが多くなりますので、注意が必要です。

蚊の退治とペットボトルについて

安価な材料で手作りをするペットボトルでの蚊の退治器、いわゆる蚊取りボトルが巷で人気のようです。とはいえ、手作りの蚊取りボトルで簡単に蚊を退治できるとは到底思えませんので、やはりドラッグストアなどでそれなりに蚊取り線香などを準備して購入されるのがよろしいのではないでしょうか。

蚊を寄せ付けない方法とは

ハッカ油などのハーブの香りが害虫や虫にけっこう効くとインターネットでは評判がいいようですね。

蚊の寿命について

2~3週間位だそうです。