すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

やまやのビールサーバーや業務用・家庭用レンタル、値段・使い方、販売価格、説明書

ビールサーバー レンタル やまや

※家庭用に業務用、レンタルなど様々な利用法があるビールサーバーについて

業務用(飲食店など)ですとビールの消費が多いため契約するとビールサーバーをレンタルてもらえるのですが、自宅用の場合ビール樽の購入金額が少ないので長期間貸してもらえないことが多いです。
自宅で好きな時に生ビールを飲みたい方はビールサーバーをオークションで購入することができます。
飲食店でよく見かける業務用のビールサーバー本体が2万円代~5万円前後、そこに炭酸ガス、ビール樽が必要となり、缶ビールよりもすこしコストがかかります。

飲食店などで働いていた方はご存知かもしれませんが、意外と面倒な作業がサーバーの洗浄です。ビールの味が落ちないように通常毎回水通し洗浄をし、週1回程度スポンジ通しをする必要があります。

そこでおすすめしたいのが【エコさらら】という商品です。
スポンジ洗浄より簡単で、さらに炭酸ガスも節約でき、ビールが一段と美味しくなると注目されています。

エコさららとはパパイヤとヤシの実由来の天然酵素で作られており、酵素の力でビール経由管の汚れを分解してくれる洗浄液です。
サーバー洗浄方法
洗浄タンクに水を入れ、そこにエコさららをキャップ1杯投入し、今従来通りの水通し洗浄を行うだけで、スポンジ洗浄の3倍の除去効果があります。

スポンサードリンク




キリンが家庭用にレンタルしているコンパクトサイズの【キリンホームタップ】(KIRIN Home Tap)

月額6900円~利用できる会員制定期購入サービスで、毎月2回工場からビールが入った特殊なペットボトルが自宅へ届けられます。
取り扱い(メンテナンス)も、とても簡単でレンタルした専用ビールサーバーにペットボトルをセットするだけで、美味しい生ビールが自宅で飲めるという画期的なものです。
ホームタップは、新鮮で美味しいビールが家庭で手軽に飲めるため人気が高く会員申し込みが殺到していますので、気になる方はキリンホームタップのホームページをご覧ください。

ビールサーバー記事 サーバー画像

キリンから販売されている一番搾りフローズン生は、生ビールとは違う見た目の斬新さと、凍った泡が口の中でシャリシャリとした食感を演出してくれます。さらにフローズンがビールの蓋の役割も担ってくれるので冷たさがキープされ、炭酸も抜けにくく最後まで美味しく味わえます。
2014年にキリン一番搾りのキャンペーンで、自宅でフローズンビールが作れるサーバーがありました。
現在、キリン一番搾りおうちでフローズン生SUPERはネットなどで購入することも出来ますので興味のある方は試してみてください。



氷冷式ビールサーバーは、少しコストはかかりますが氷と炭酸ガスさえあれば使用できるので、お花見やキャンプ・BBQなどの屋外でも場所を選ばず美味しい生ビールを楽しむことが出来ます。


最近では外で飲むより家飲みされる方も多く、ビールにこだわっている方もたくさんいらっしゃると思いますがグラスはどうでしょう?
そこで自宅で美味しくビールが飲めるグラスを紹介したいと思います。

金属製タンブラー


金属製タンブラーは保冷力に優れており、見た目もスタイリッシュです。
特におすすめなのが錫(すず)を使ったタンブラーで、職人が1つ1つ手作りしているためビールを注ぐと表面の細かい凹凸によってきめ細かい泡が立ちます。錫には飲み物の雑味を取り除き、まろやかな味わいにしてくれる特徴もあります。

高価なものですが割れる心配もなくずっと使えますので、自分用や大切な人へのプレゼントにもオススメです。

ビールサーバー記事 画像

夏といえばビールサーバー

夏といえばビールサーバーといっても過言ではないかと思われますが、

ビールサーバーと一口に言いましても様々な形態がございまして、
例えばレンタルして利用するものと、ご自身で購入されてから使用できるものとがございます。

また、同じレンタルものでも家庭用としてのビールサーバーと業務用としての用途では全く趣旨が異なりますし、洗浄の仕方やそれぞれの値段、使い方もまた違ってきます。

他には新品ではなく、中古で購入される方や、自作でビールサーバーを作ってみようと頑張る方もいらっしゃるなど、夏になりますと自由工作の延長なのかどうかはともかく、自宅にビールサーバーを置いてみたい、という方が増えてこられるのには大変喜ばしい限りです。

そんなビールサーバーですが、みなさんが最も気になるのがその販売価格なのではないでしょうか。

レンタルで使用するにせよ、新品や中古で購入されるにせよ、やはりなんといってもその価格帯、料金面が一番気になるところです。

夏になるとシュワー、シュワシュワ!とキンキンに冷えた一杯は格別のものですから!自宅にビールサーバーを導入することで、仕事の疲れも一発で吹き飛ぶのではないかというぐらいに思えてしまいますね!

スポンサードリンク



では気になるビールサーバーの価格ですが、新品で購入するにあたり、本当にピンからキリまであるのですが、お安いものですとだいたい税込みで3000円以下のものが存在するようです。

また、業務用のものでもだいたい税込みで5000円を少しオーバーしたぐらいの価格帯のものからあるようです。

では最後にレンタルという手段ですが、こちらも意外とお安くなっていまして、ビールサーバーのレンタル料自体は無料のところが多いようです。

かかる費用は生樽でして、ビールサーバーの中身である生樽の購入価格が、実際に借りた側が負担するお支払い総額になる、と言う形でして、大変お得になっている、というわけです。

ただしこの場合には条件がありまして、ビールサーバーのみレンタルの場合は少し値段が張ったり、最大でも2泊3日までだったりと、いくつかの条件があったりもします。また、洗浄・分解洗浄・点検は当然のことながら徹底されていて無料ですが、ビールサーバーのみのレンタルの場合にはレンタルの際ガス代が別途必要になったりするケースもあったりもします。

詳しいことは、実際にご利用になりたいビールサーバーの設置業者・レンタル業者の方にてご確認ください。


ビールサーバーの使い方について

夏になると美味しくなるのがビールですが、生ビールサーバーといえば居酒屋などでおなじみの、冷えたビールが注ぎ口から出てくるあれですが、冷たいビールが注ぎ口から出てくるからと、すべてが全自動で賄っていると言う訳ではありません。

氷式ビールサーバーを使うには、当然設置方法も把握して置かなければなりませんし、使いかもわかっていなければなりません。自宅やアウトドアで大活躍の氷式ビールサーバー。

冷やすところを間違えると当然、冷却効果も半減しようというもの。

使い方の注意点としましては、ビール樽をしっかりと冷やしてやることが重要です。

注ぎ口のコックボックスに氷を入れて冷やすのもたしかに大事なのですが、ビール樽を冷やすことも忘れてはなりませんよ。

ビールサーバーの仕組みについて

ビール樽には炭酸ガスのボンベがつながっています。炭酸ガスボンベから送られた炭酸 ガスは。ガスホースを通ることでビール樽に送られます。そして樽の中の生ビールが押し出され、よく冷えた冷たいビールが注ぎ口から出てくるという仕組みです。

やまやのビールサーバーのレンタルとは

夏本番の真っ盛り。アウトドアや各種イベントごとなどでもビールサーバーは大活躍です。
酒店のやまやはビールサーバーをレンタルしていることでも有名です。

生ビールサーバーを購入すると、なにかとメンテナンスや手間がかかったりと面倒ですので、酒は酒屋で、ということもあり、ビールサーバーのレンタルを考えている方は、【やまや】を使用されてみるのもよろしいでしょう。

スポンサードリンク



ホシザキのビールサーバーの使い方について

ホシザキといえば業務用厨房機器で有名ですが、ホシザキのビールサーバーの使い方はご存知でしょうか。
ホシザキ製のビールサーバーにはオートサーバーと通常のサーバーがありまして、目的に応じて使い方を変えてみるのもよろしいでしょう。

ビールの売り子とサーバーの関係

甲子園や野球場などでビールの売り子がビールを販売していますが、暑い球場内ですので、当然そこにもビールサーバーの存在があります。野球場ではキャストとう呼ばれている売り子の女の子が背負っているビールサーバーは、プロ用の生ビールサーバーです。

「ビールいかがですか~」と声をかけてくる野球場の売り子にちなんて、各種イベントなどでもビールサーバーをレンタルして雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ビールサーバーの取り付け方について

ビールサーバーといえば、何はさておきそのセッティングがまずは重要です。
自宅に届きましたら、しっかりとマニュアルや電話サポートで確認しておかないと、取り付け方法を誤ることで泡だらけになってしまったり、せっかくのビールサーバーがうまく使えなかったりしてしまいます。


アサヒのビールサーバーの洗浄について

サッポロビールの公式サイトなどをご覧になられるとよろしいでしょう。
生ビールサーバーの洗浄手順などを詳しく解説されています。

アサヒのビールサーバーの使い方


サーバー取扱説明 – アサヒビール(Adobe PDF)
www.asahibeer.co.jp/support_care/handling/advice.pdf

上記のPDFにて詳しく説明がされていますが、付け外しの時はちょっとしたコツがありますし、ガスのバルブの開閉なども、全くの知識がない状態ですといけませんので、ぜひ上記のビールサーバーの取り扱い説明書兼注意書きを一読されることをおすすめします。

フローズンのビールサーバーとは

一番搾り フローズン生マシンというものをご存知でしょうか。
キリン一番搾りのおうちでフローズンという製品が現在発売されています。

泡がシャリッ!と凍った冷たいビールが自宅で手軽に楽しめると好評のようです。単2乾電池 4本使用で価格は1000円と少しです。

アサヒビールの業務用ビールサーバーについて

アサヒビールの飲食店様・酒販店様・卸店様向け業務用サイトや各種オークションにて、業務用のビールサーバーが販売されているようです。

ビールサーバーの業務用の使い方

夏真っ盛りのこの時期になりますと、本当に使い方の幅が広がります。
アウトドアやご自宅でのバーベキュー、町会のイベントに夜店や屋台など、業務用ならではの使い方は、きっとあなたを楽しませてくれることでしょう。

ビールサーバーの自動と氷

ビールサーバーには電動式と氷冷式がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。電動式だと電力の確保が必要になりますので、コンセントがないと使えなかったりします。また、氷冷式の場合ですと、氷を入れてビールを冷やしますのでその分、手間がかかったりコストがかかったりといったデメリットがあります。

業務用のビールサーバーの値段は?

安いものですと4500円ぐらいからで、高くても12000円ぐらいが平均的な価格の相場だと思います。



千葉でビールサーバーをレンタルするには

千葉県の方ですと、ビールサーバーのみならず、手ぶらでバーベキューが楽しめるといったバーベキューセット一式がセットでレンタルしてくれる業者などもあるようです。

自宅用のビールサーバーとは

蒸し暑い日が続きますが、こういうときは家庭用のビールサーバーでキンキンに冷えたビールをグイーッとやりたいものですよね。

家庭用のビールサーバーは平均して1500円前後から15000円ぐらいのものがあるようです。

ビールサーバーの部品について

ガスホースやジョイント型継ぎ手、パッキンにビールホース、ボールとボールストッパー、継ぎ手などの各種部品で構成されています。

ビールサーバーのレンタルとカクヤス

カクヤスという酒屋をご存知でしょうか。「なんでも酒やカクヤス」ではビールサーバーのレンタルを行っているようです。一時的な貸し出しが可能のようですので、気になる方は、お電話にて問い合わされてはどうでしょうか。

ニットクのビールサーバーについて

ビールディスペンサーなどで有名なニットクですが、「ニットク氷冷式ビールサーバー」も大変人気が高いようです。ビールサーバーに興味のある方は、ビールメーカーの指定業者であるホシザキ、ニットクといった専門業者を調べてみてはどうでしょうか。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">