すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

2017年の夏風邪の症状と喉の痛みについて

暑い夏がやってきましたが、暑いからとウイルスや細菌が減少したり弱ったりするということも無さそうです。

また、猛暑になって暑い日々が続くと体温も上がるのだから、ついでに免疫も上がって風にもかからないだろう、と油断してはいけません。

夏風邪は夏に流行するウイルス感染症の総称でして、ヘルパンギーナや手足口病を代表としたものが広く知られています。

夏休みに入ったり、夏祭りや各種イベントごとが多くなるのが夏の醍醐味ですが、その分、普段とは異なり人の多く集まるところに出向いたり参加したりする機会も増えますので、そういうときこそ夏かぜに感染したりもしますので、夏かぜによってせっかくの夏休みに寝込んでしまったりしないよう、くれぐれも注意しながら過ごして頂ければと思います。

尚、夏風邪の代表的な症状としましては、喉の痛みや微熱、腹痛、下痢があったり、お腹に来る、などとも言われていますので、しっかりと栄養補給をして睡眠もしっかりとって、症状にかからないように予防線を張っておきたいものですね。

夏風邪の症状について

なんとなくカラダがだるかったり喉やお腹が痛かったりお腹の調子が悪いなど…このような症状が続くようでしたら、それはもしかすると夏風邪なのかもしれません。

風邪といえば、冬にかかることが想像できますが、実は夏場にも風邪にかかるのです。

暑い時期だからこそ、簡単に治ると思ってしまいがちな夏風邪ですが、もしかすると寒い冬場よりも手強いかもしれません。

※なぜかといいますと、夏場にかかる風邪は冬に流行する風邪とは違い、高温多湿の環境で夏風邪のウイルスは繁殖します。

スポンサードリンク



夏風邪ウイルスとは

夏風邪の症状にもいろいろなものがあるのですが、夏風邪で気をつけたいのはウイルス感染でして、エンテロウイルス、アデノウィルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスなどの代表的なウイルスには特に注意が必要です。

夏風邪と鼻水と咳

下痢、嘔吐などお腹に来る症状が多かったり、口内や手足に水疱ができる、夏場なのに鼻水と咳がでる、などといった症状が現れる前に、しっかりとした睡眠や食事をとって、体に抵抗力をつけて、体の免疫力を高めておくことが大事です。

夏風邪の直し方について

上記にも書きましたが、とにかく夏風邪にかかってしまった場合には、体の免疫力を高めて、睡眠や食事をしっかりとって夏風邪を早く治すことが先決です。

夏風邪を早く治す方法とは

夏風邪を早く治す方法を模索するよりも、その前に予防が重要ですので日頃から夏風邪にかからないようにしっかりとした予防線を張っておくことが大事です。

夏風邪とのどの痛みについて

風邪の喉の痛みの原因は耐え難いですよね。
突然やってくる喉の痛みや違和感ですが、風邪の症状の喉の痛みの原因は粘膜が乾燥したり免疫力が低下することで起こりやすくなります。ですのでマスクをしてのどの乾燥を防いだり、喉の周りの温度を上げるように温めることで、体温が上がってウィルスをこれ以上繁殖させないようにするなどの対処法があるようです。

夏風邪と咳の治し方

はちみつやきんかんを食べて、ゆっくり安静にしておくと良いでしょう。

夏風邪を早く治す方法や咳の治し方などといったものはありません。何はさておき予防が重要です。

style="display:block"
data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-4356563112567176"
data-ad-slot="8889861277">