すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

すいませんとすみませんの違い

謝罪やお詫び、あるいは感謝の言葉などでよく耳にする【すみません】という言葉ですが、これは果たして正しいのでしょうか?

「すいません」と「すみません」の違いをはっきり答えられる方は、いまの日本にどれぐらいいるのでしょうか。

素朴な疑問ではあるのですが、「すいません」と「すみません」では、果たしてどちらが日本語として正しいのか。

色んな場面で汎用的に使う言葉だからこそ、いざという時のために知っておかなければなりません。



すいません すみませんの違いについて

すいませんとすみませんの違いをメールで書くときには悩みますよね。

そもそもどちらが正しいのか?ということですが、正しいのは「すみません」です。
「すみません」の語源は「済む」の否定形「済まぬ」からであり、「すいません」は「すみません」の口語です。

言葉で発する場合、どちらでもかまわないのかもしれませんが、目上の人に謝る場合に「すいません」は失礼にあたる事もあります。

ちなみに人を呼び止める際には「すいません」の方が聞きやすいと思います。
ですが文章に書くときは「すみません」の方がいいでしょう。

すみませんの意味について

「すみません」は漢字で書くと「済みません」です。

済み(動詞) + ませ(助動詞) + ぬ(助動詞)

が本来の意味であり、本来の状態なのだそうです。


すいませんとすみませんのまとめ

すいませんとすみませんの違いはお分かりいただけたでしょうか。
結論としましては、言葉で発するのでしたら別段、どちらでもかまいません。
しっかりと相手に意味が通じれば良いのですから。

ですが文書で書く場合や目上の方への謝罪の場合ですと、もちろん「すいません」ではなくて「すみません」の方が良いでしょう。

どちらも状況に応じて使い分けるといいと思います。