すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

敬老の日

敬老の日
「敬老の日」とは何か?ということですが、
これは平成29年の国民の祝日のことであり、日付は9月の第3月曜日であり、おじいちゃん・おばあちゃんに目いっぱいのお祝いをしたり、祖父や祖母の家に帰郷(帰省)してお祝いをするための祝日です。

敬老の日のプレゼントで孫からもらって喜ばれるものは?
やはり年配の方になると、ご近所の方とお茶でも飲みながらゆっくりとお話しをするものですから、そんなときに孫から敬老の日にお茶請けのお菓子をもらった!なんてことになったら、そりゃあもう嬉しくて嬉しくて!涙ながらに友達自慢をするおじいちゃんやおばあちゃんもいらっしゃることでしょう!
というわけでして、敬老の日のプレゼントで孫からの贈り物で一番喜ばれるのは「お菓子」で間違いないと思います。

2017年の敬老の日は?
9月18日(月・祝)です。

敬老の日の文例とは?
おじいちゃんやおばあちゃんに、敬老の日に感謝の気持ちを伝えるメッセージカードや手紙を書くのが通例ですが、その文例は意外と悩みどころ。ですが深く考えても仕方ありませんので、とにかく気持ちがこもっていれば良いのだと思います。
祖父母やご両親に、日頃の感謝の気持ちを伝えるとともに、健康や幸せを末永く願う気持ちを自分の文章で気持ちを伝えながら書けば良いのです。

敬老の日と手作り
敬老の日のプレゼントに手作りのプレゼントを送る方も多くいらっしゃるようですが、一体どんな手作りギフトが喜ばれるのかというと、やはり子供と一緒に作れる手作りプレゼントが一番のようです。ダイレクトに気持ちが伝わるプレゼントといえば.手作りですから。写真立てやお孫さんからの似顔絵などがよろしいでしょう。

敬老の日と花
敬老の日は、父の日や母の日と違い、決定的な花は無いようですが、おじいちゃんおばあちゃんが、花が大好きだったりすると、どうしても贈りたくなりますよね。そんなときは花言葉を参考に、敬老の日にピッタリな花言葉のお花をプレゼントしましょう!

筆者が思うには、個人的には「感謝」の花言葉を持つ「カスミソウ」や「白いダリア」などが最適だと思います。

また、その際にはせっかくの敬老の日なのですからメッセージカードや似顔絵などのイラストに添えてプレゼントするようにしましょう。



敬老の日の由来について

敬老の日といえば、国民の祝日であり、9月の祝日のことですが、みなさん敬老の日の由来はご存知でしょうか?
敬老の日は毎年9月の第3月曜日でありまして、その由来につきましても「聖徳太子説」と「養老の滝説」の2つがございます。

ひとつめの「聖徳太子説」につきましては、今から千五百年近く前の推古天皇元(593年)に、今で言う老人ホームの役割を持つ「非田院」というものが建立され、その非田院が建立されたのが9月15日であることから、9月15日が敬老の日として由来になった、という説です。

そしてもうひとつの方、ふたつめの「養老の滝説」ですが、こちらは時の天皇である元正(げんしょう)天皇が霊亀三(717)年の9月にお酒の出る湧き水のある場所を訪れ、その場所が「養老の滝」と呼ばれていたことから、その年の11月に年号を「霊亀」から「養老」と改め、さらにはこの話が由来となって、9月15日が敬老の日とするもの、というわけです。

敬老の日は何歳からなのでしょうか?

よくある質問ですが、敬老の日と老人の日ですが、両親や祖父母など、年上の方、特におじいちゃん、おばあちゃんに感謝を込めてお祝いをするのが敬老の日であり、ではこの敬老の日は何歳からするのか?といえば、65歳以上からが対象なのではないかと思います。