すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ビットコインなどの仮想通貨が急騰!価格が高騰する理由とは

仮想通貨・暗号通貨といえば、少し前まではかなり怪しまれていたような感じがしますが、ここ最近、特に今年に入り雰囲気は一変したように思えます。

それもこれもビットコインの認知と知名度の高さ、普及に要因があるのかもしれませんが、ではなぜ、そもそも仮想通貨は別名・暗号通貨と呼ばれるのでしょうか。

それは仮想通貨が暗号技術を活用することによって電子データに価値を持たせているからです。仮想通貨の草分け的存在のビットコインしかり、他の電子マネーしかり、手軽に購入ができて投資銘柄としても人気が高まってきている点と、ビットコインのときのように価格が急騰し、通貨の価値が大きく上昇・あっという間に高騰するところに強気派の方々や投資家の方々は惹かれるのかもしれません。

そしてこれまでFXや他の株式の銘柄を専門に投資を行っていた投資家たちが挙ってビットコインを始めとする仮想通貨の投資の世界に流れ始めてきたからなのかもしれません。

以上が今年の5月以降、明らかに潮目が変わった仮想通貨の価格急騰の分析結果です。



暗号通貨の一覧について

日本では仮想通貨と呼ばれるのが一般的なようですが、本来ならば海外では「暗号通貨」という呼称で呼ばれるのが一般的なようです。そんな仮想通貨ですが、ビットコインを代表としますように、昨今仮想通貨が大変話題ですよね。


ちなみに数年まえにビットコインをわずか2000円弱購入していた方が、いまでは数千万円を手にしたという話もあるぐらいですから、いまがいかに仮想通貨のブームなのかがわかりますよね。そんな巷で話題の仮想通貨ですが、一覧といえば、どれぐらいの仮想通貨が出回っているのでしょうか?

はっきりしたことは言えませんが、ひとつだけ言えるとしたら、世の中には数百、いいえ、もしかすると数千種類もの暗号通貨が存在し、消えては現れ、現れては消えていっている、ということです。

2017年の今年は仮想通貨元年・または仮想通貨バブルと言われています。

かつて大きな革命がありましたね。

農業革命
産業革命
IT革命

今年はこれらに加えての新たな革命、第四の革命の「金融革命」と言われているのです!近い将来、お金はデジタル化するかもしれません。そしていろんな仮想通貨がお金の代わりに機能する時代がもうそこまでやってきているのかもしれません。

仮想通貨は次世代の通貨となる可能性を大いに秘めているのです!



エターナルコインと仮想通貨

進化をし続ける仮想通貨といえば、エターナルコインですが、仮想通貨のエターナルコインは日本での取引所のエターナルライブで取引がなされています。暗号通貨、仮想通貨といえばビットコインが大変有名ですが、ここ最近ではエターナルコインも国産の仮想通貨として何かと話題になるぐらいに注目が集まってきているのです。

暗号通貨の種類について

先程も書きましたが、仮想通貨・暗号通貨は全世界に大変多くの種類が出回っていますので、ここでその全てをご紹介することは不可能です。
これから仮想通貨に興味を持たれる方は、まずは検索で上位に出てくる有名所の仮想通貨を軽く調べてみて、仮想通貨というものがどういったものなのかをまずは知ってみてください。

暗号通貨のリップルとは

XRPという通貨単位でリップルのネットワーク上で通貨を使って取引ができる仮想通貨の一種、それがリップルです。ちなみにビットコインのように、リップルもリップルコインと呼称されがちですが、リップルの通貨単位はXRPですので、リップル(通貨名:XRP)と覚えておいて下さい。ちなみに価格高騰といえばビットコインが有名ですが、リップルも先日は大変大きく高騰していました。

暗号通貨のランキング

仮想通貨・暗号通貨の市場はたったの10日で1兆円近く上昇したというニュースもあり、また、暗号通貨への投資で数千万円以上もの利益が出ている人もいるようです。
そんな仮想通貨ですが、ランキングの上位はやはりビットコインがくるようです。

暗号通貨とは

暗号通貨はクリプトカレンシー、またはクリプトコインとも呼ばれ、日本では仮想通貨という呼び名が一般的です。暗号通貨は代替通貨のひとつであり、デジタル通貨として使えます。