すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

機械加工製品と機械加工の一般公差について

機械加工製品といえば、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。

アルミやステンレス、鉄や銅などの金属の研削や難しい特殊鋼などにも対応している、いわば製品作りに完全に特化した会社が作り上げる匠の逸品、それを機械加工製品と呼ぶのではないでしょうか。

切削加工と機械動作に加え、あらゆる製品を納期の通りにしっかりと生産してくれる、そんな頼もしい会社。モノ作り大国、職人の技が生きる日本だからこその高技術だと筆者は思います。

切削やプレス加工、板金に溶接、曲げ加工や熱処理など、商社だからこそ可能となる製品加工の数々。精密な加工品やアルミ・鉄などの金属加工、製缶加工などは、精密機械加工のエキスパート企業に任せたいですね。

尚、最近ではオークションサイトなどでも機械加工製品が出品されていたりもしますので、機になる方はそういうところにもアンテナを張り巡らせてみてはいかがでしょうか。



機械加工の一般公差について

機械加工製品の一般公差についてご説明する前に、まずは「一般公差」というものが何なのかをご説明しなければなりません。

一般公差というものは、図面などでよく目にする言葉であり、図面には各寸法が記載されていますが、この
寸法の数字に対して公差の指示が無いものがあったりするものでして、それらに対し、ある程度はしっかりとした基準のもとに図面を書かなければなりませんので、そういった数字に対して適用されるのが「一般公差」というわけです。

ここまでの説明で、いまいち意味がよく理解できないという方は、「規格だけで公差の無い個所」に対し、図面に基づいて寸法測定をする際に、公差を記入しておくべき箇所、と思って頂ければ幸いです。