すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ハロウィンのかぼちゃの折り紙や子どものイベント、意味など

ハロウィンといえば、コスプレや仮装イベント、イラストなどを真っ先に思い浮かべる方もいらっしゃることでしょう。

そして忘れてはならないのがハロウィン時期の代名詞とも言えるお菓子!そして飾り付けですね。



ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、日本ではすっかりお馴染みのお楽しみイベント。大人から子供まで、幅広く楽しめる古代ケルト人が起源と考えられる仮装イベントのことです。

ハロウィンパーティの本場と言っても過言ではないアメリカでは、ハロウィンの時期になると、かぼちゃの中身をくり抜いて「ジャック・オー・ランタン」というお化けをモチーフにした提灯オバケを持ち歩いたり、玄関先や家の中に飾ったりして楽しみます。

また、アメリカの子供たちはハロウィンになると、魔女のコスプレやオバケの仮装衣装に身を包み、仮装をしながら近隣の家を渡り歩き、お菓子をもらったりするようです。

ハロウィンの時期に毎年仮装やイベントに参加してみたいけれど、なかなか実現しないという人も、2017年の今年こそはジャック・オー・ランタン、あるいは、ジャック・オ・ランタン、つまり「お化けカボチャ」「カボチャちょうちん」の飾り付けやお面を使って、雰囲気だけでもハロウィンを楽しまれてみてはどうでしょうか。



ハロウィンの意味

ハロウィンとは、元々は古代ケルト人のお祭りなのですが、小さい子供さんにケルト人とか古代なんていっても伝わりません。そこで日本のお盆に似ているもので、秋になってから美味しい食べ物がたくさん採れたのでそれをお祝いするのと、悪いおばけを退治するためのお祭り、と教えてあげましょう。

ハロウィンイベントの子ども向けとは

次にハロウィンのイベントで子どもさん向けのものですが、大阪や名古屋などではこの時期になると様々な楽しいイベントが開催されているようですが、ご自宅やご近所、そして子供会といった室内で行うなら、やっぱりなんといってもハロウィンパーティーで使えるゲームです。幼稚園や保育園の子供でも楽しめるハロウィンパーティー!定番なのは、お化け、ミイラ、ガイコツ、魔女、ドラキュラ、悪魔といった定番のモンスター・お化けのイラストやお絵かきをしながら楽しみつつ、出来上がったハロウィンキャラクターのイラストで「お化けは誰だ?ゲーム」をするのがおすすめです。

ハロウィンのかぼちゃの折り紙について

折り紙でハロウィンを?と思うかもしれませんが、最近のハロウィンでは折り紙でいろんなハロウィンの飾りを折ることが流行っているようです。ジャック・オー・ランタンやかぼちゃのおばけなど、ある意味本物のカボチャで作るよりも愛嬌があって可愛らしくてウケもいいかもしれません。他にはこうもり・魔女とほうき・クモの巣などの折り紙も人気があるようです。

ハロウィンの折り紙のかぼちゃについて

誰でも簡単に作れるハロウィンの折り紙って素敵ですよね。もう間もなく待ちに待ったハロウィーンイベントですから、ジャック・オー・ランタンやおばけなど、色とりどりで見ているだけでも楽しく可愛らしい折り紙をたくさん用意して、今年のハロウィンパーティをウンと盛上てみませんか?

本稿では超簡単ながらもしっかりした見栄えのハロウィンの折り紙の中から、「かぼちゃの折り紙」について、ご紹介シたいと思います。

立体的なかぼちゃの折り紙は、あるのと無いのでは大違い!ハロウィンの折り紙といえば、他にはオバケやコウモリ、魔女やホウキ、蜘蛛の巣に切り絵など、小さな子どもさんから大人までが楽しめる折り紙がたくさんあるとは思いますが、その中でもズバリダントツなのがハロウィンの主役とも言えるかぼちゃの折り紙です。

ハロウィンの意味

日本ではここ数年、大変な人気を誇っているハロウィンですが、このハロウィンは英語ではHalloween、またはHallowe’enと呼びまして、毎年10月31日に行われるご行事やイベントとしても有名です。その起源は古代ケルト人の時代にまで遡り、秋の収穫を祝うお祭りであったとされています。

ハロウィンの飾りに使える手作りのペーパークラフトとは

ハロウィンのイラストや画像とともに、子どもに人気なのが飾りにも使えるペーパークラフトですね。一年にたった一度きりの楽しいイベントであるハロウィン。
パーティー当日も楽しいのですが、なんといっても楽しいのはハロウィンの準備をしているときなのではないでしょうか。

みなさんも今年のハロウィンは最高の思い出を作ってくださいね!