すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

すぐに使える役立つ情報 | カイケツ – KAIKETSU

スポンサードリンク

スポンサードリンク

美味しいトマトととまとの種類について(トマト種類一覧)

トマトが真っ赤になれば医者が真っ青になる、という諺があるぐらいに、トマトは健康に良いし、なによりも大変美味しい野菜ですよね。

みなさんはトマトはお好きでしょうか。トマトジュースはいかがでしょうか。

最近では、通販限定の、通販でしか買えない野菜ジュースやトマトジュースが販売されていたりもしますので、トマトに目がない方ですと、欲しくてほしくてたまらないのではないでしょうか。

ちなみに本当に美味しいトマトというものは、スーパーや八百屋さんではなかなかに入手が困難な代物でして、実際にそのトマトを食べたりジュースにして飲んだりしてみると、野菜なのに糖度が高く、まるで果物を食べているかのような錯覚までさせてくれるのだとか。

本当に美味しいトマトは糖度が高くて、甘くてフルーツのような味わいがあるのです。尚、トマトの赤色というものは、実はあれは「リコピン」と呼ばれる成分のものでして。トマトのリコピンは老化予防やガンの予防にもいいのだとか。さらに意外なことに、トマトのリコピンは油で炒めると大変効率がよくなりますので、トマトを食べられるときは、油で炒めてから食べてみると良いでしょう。

ちなみにそんなトマトのリコピンですが、血糖値を下げてくれたり、動脈硬化の予防やガンの予防のみならず、ダイエットにも効果的だったり、美白効果も期待できるのだとか。

生でそのまま食べても美味しいのに、油で炒めるなどして調理することで、さらに優秀な野菜へと変化を遂げるトマト。緑黄色野菜の中でもずば抜けて素晴らしいトマト。

気になる調理法ですが、トマトを輪切りにしてからオリーブオイルで炒めて、それから塩を振って食べると一層美味しくいただけますよ。



トマトの種類と名前について

いまや様々な種類が出回っているトマトですが、実はトマトの種類は大変多いことはご存知でしょうか。そしてトマトは実が小さいほど糖度が高くなり、例えば桃太郎ゴールドなどのトマトの種類でしたら1玉が大きく、皮が硬くて煮崩れしないことが特徴ですし、サラダやパスタなどの料理はもちろん、そのまま食べても大変おいしく頂くことができるのです。普段何気なく食べているトマトですが、桃太郎ゴールドといったように、種類や名前があることを知って頂けましたら幸いです。

トマト種類と特徴について

トマトの種類としましては、大玉や中玉、そして小玉のミニトマトといった品種の違いだけではなく、実は色も様々なものが存在します。例えば黄色のものやオレンジ、そして緑や黒いトマトといったように、古くから存在している地方品種のものも含めますと、全世界には実に8000種を超える品種があるとされています。そして日本でも120種を 超えるトマトが品種登録されているようです。値段やサイズも様々なプチトマトやミニトマト、糖度計でその甘さを計ってみると、ブドウのような強い甘さを持つものもあるなど、その甘さも種類も特徴は様々です。ちなみに大玉トマトの特徴としましては、お尻(果頂部)がとがっているのが特徴でして、甘酸の バランスがよくゼリー部分が少なめとなっているようです。

トマト種類と名前をご紹介

代表的なトマトの種類といたしましては、桃太郎ゴールドのような桃太郎トマト、そして色鮮やかなファーストトマト、トマト種類一覧ミニトマト、りんか409と呼ばれるトマト、カゴメのトマトラウンド、他には調理に使われる調理用トマト、ミディトマトにルネッサンスと呼ばれるトマト、ソプラノトマトにフルティカトマト、アメーラトマト、ゼブラトマト、アイコトマト、キャロルセブントマト、つやぷるん、トマトベリー、ルビーノトマト、黒トマトにイエローグレープ、チェリースノーボール、ブラッディタイガー、などの種類があるようです。